スタッフブログ

天気予報が早く詳しく

6月から天気予報が大きく変わるそうです。気象庁は計算能力を約10倍に高めた新たなスーパーコンピューターを導入し、詳細な降水分布が15時間先まで予測可能となるほか、集中豪雨や暴風など激しい気象現象も早い段階で把握できるようになり、早期の予報で防災や企業活動に役立ててもらう狙いがあるとのことです。

気象庁によると、スパコンの更新で降水や台風の強さの予測期間が大幅に延長され、降水の分布が1キロ四方の細かさでわかる「降水短時間予報」は、6時間先から15時間先まで可能になるそうです。6月下旬からホームページで公開する予定で、夕方の時点で翌朝に大雨になりそうな地域を把握できるとのこと、3日先までしか予測できなかった台風の風速や中心気圧なども、18年度中に5日先まで発表することが可能になるそうです。

天候の予測精度の向上に、台風や豪雨の被害防止に取り組む各地の防災担当者や、売り上げが天候に左右されることが多い農業や飲料メーカーの関係者から期待の声が上がったとのことです。

我々プロ野球ファンにとっても朗報でしょう。開始時間が延期か、ゲームが中止かを早い段階で知ることができるようになれば無駄な気苦労もなくなりますね。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved