スタッフブログ

失望させれば許さない

今朝の地元紙の一面の見出しに思わずドキッとしました。

アメリカのニューヨークの国連本部で開かれた「気候行動サミット」で将来を担う世代を代表してスウェーデンの環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが各国の指導者に温暖化対策の即時実行を求めた発言の中の一言だったようです。

他にも胸を締め付けられるような言葉が続いていました。

トゥンベリさんは現在16歳で中学を卒業後、温暖化阻止に向け活動をしており、気候変動対策を訴える「学校ストライキ」は先日も大きく報道されておりました。

未来を生きる子供たちにどんな地球を残すかは今を生きる大人たちの責務だとということを改めて痛感するとともに、2050年に温暖化ガスの排出をゼロを表明しなかった日本政府には失望しました。

昨今の世界的異常気象を観ても、危機的状況にあるのは明らかです。

早急な対策・対応を願うとともに、自分にでもできることを何かしなければと強く思いました。

月間アーカイブ

最近の投稿

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved