スタッフブログ

「ハローウィン」

10月31日は「ハローウィン」ですね。

その日の祝うためのハロウィーン商戦の裾野が広がっているそうです、商業施設やテーマパークでは集客を支える風物詩として定着し、今年は電車内や真夜中といった意外な場面での関連イベントが増えているとのことです。国内の市場規模は直近4年で倍に成長し、バレンタイン市場に迫る勢いで、ハローウィンの市場規模は2011年は560億円だったが、2015年は1220億円とバレンタイン市場の1250億円とほぼ並ぶ見通しだそうです。

消費を刺激する効果への期待は大きくなっているとのことで、これは喜ばしいことですね。

みなさんご存知のように、ハロウィーンは古くは秋の収穫を祝う西洋の民俗行事で、この収穫を祝う西洋の行事であるハロウィーンがここ数年、日本でも一種のイベントとして定着しつつあり、小売や外食では関連商戦が活発になり、ハロウィーンの飾りに使うカボチャの売れ行きも好調で、また、おばけの仮装を楽しむ人も増えているそうです。

一方で、それらのカボチャや、仮装する衣装のゴミ、また一晩中大騒ぎする群衆等々に懸念の声も上がっているとのことです。

東京都内ではハロウィーンの31日、警察官約800人を繁華街に配置するそうで、サッカーワールドカップ(W杯)の日本代表の試合や年越しのカウントダウンに準じる大規模な警備態勢とのことです。

広島ではそこまでの警備は無いと思いますが、とにかく近所迷惑にならぬようにお祝いをしたいものですね。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved