スタッフブログ

ジェンダー・ギャップ指数

世界各国の男女平等の度合いを指数化した世界経済フォーラム(WEF)の2016年版「ジェンダー・ギャップ指数」で、日本の順位は調査対象144カ国の内111位だったそうです、昨年は145カ国のうち101位だったので、前年より10下がりしかも過去最低とのことです。

同指数は女性の地位を経済、教育、政治、健康の4分野で分析するそうで、日本は女性の労働参加率が低く、男性との賃金格差も大きいため経済分野で大きく下げたことが結果に反映されたとのことで、これが配偶者控除見直しを含む税制論議に影響を及ぼすかも知れないそうです。

安倍晋三政権は女性活躍の推進を看板に掲げているものの、日本への評価は依然低いようですね。女性の労働力を必要とする業種は数多くあると思います、そこで女性が活躍する環境を整える必要が急務でしょうかね。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved