スタッフブログ

中国地方の経済情勢

早いもので今年もひと月が過ぎようとしています。

さて、28日に中国財務局が報告した中国地方の2014年10月から2015年1月の経済情勢は「1部に弱さが見られるものの、穏やかに持ち直している」とし、4期続けて判断を据え置きました。

個人消費は消費税増税の影響が薄れ穏やかに持ち直しているとしたが判断は据え置き、企業の景況感は上昇とみる企業が下降と見る企業を上回り「上昇超に転じる」に判断を引き上げました。

好調な企業の収益が賃上げに反映され、個人所得が増え、個人消費の回復につながるかが今後の課題とされています。

長い冬を超え暖かい春は来るのでしょうか?

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved