スタッフブログ

人口減

総務省が28日発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、日本の総人口は1億2639万3679人と4年連続で減少しました。

死亡数が出生数を上回る自然減が過去最大を更新したことが響いた。

15歳から64歳の生産年齢人口は7895万7764人と、初めて8000人台を割り込み、全体の62.47%まで縮小しました。

生産年齢人口の減少は日本経済の潜在成長率を押し下げる要因となり、今後も人口減、少子高齢化は日本が抱える大きな問題となりそうです。

政府や各自治体も様々な対策を講じているようですが、現段階では大きな効果は得られていないのが現状のようです。

消費税増税の議論も進んでいるようですが、増税で人口減に拍車がかからぬよう、しっかりとした対策を期待します。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved