スタッフブログ

健診

一昨日、年一回の定期健診に行きました。いつもの流れで、採血から始まるひとつひとつの検査を受けます、そして最後が胃部レントゲン のバリウム検査です。下剤を飲んで、担当医による簡単な問診や検査結果説明等で全てが完了します。後は、郵送される詳細な検査結果を待ちます。

数年前までは検査結果の数値が悪いと、担当医から「要注意」などと結構シビアーな指摘がありましたが、最近はかなり穏やかになりましたね。

健診当日は三連休の翌日でした。最後の2日間は夏日のような暑さの中で野外活動をした結果顔は日焼けしており、また喉を潤すビールの量も増えていましたからね、案の定、血液検査の数値が良くありませんでした。なにか言われるかなと思いきや、「連休明けですからね、休みの間に美味しいものも沢山食べて、お酒の量も増えましたね、数値に表れていますよ。しかたないです、連休明けですから。」で終わりました。

健診相手が前期高齢者ともなると、ドクターの接し方が変わってくるのでしょうか?ストレスを与えるより、自由にさせる方が良いとの判断でしょうか?

長年注意し続けても改善されなかったから、いまさら何を忠告してもと、さじを投げられたのかもしれませんね。(笑)

おとなしく検査結果を待つことにしましょうか。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved