スタッフブログ

内閣支持率

ある新聞社とテレビ局による世論調査で、安倍内閣の支持率が前回調査の6月より5ポイント下がって48%となり、2012年12月の第2次安倍内閣発足後、初めて50%を割り最低となり、不支持率は2ポイント上がって38%と最も高くなったそうです。

比較的若い世代での低下が目立ち、「集団的自衛権の行使容認」について「評価しない」が、20~30歳代では6割近くに達し、また安倍政権の経済政策を40歳代では「評価する」「評価しない」が拮抗しており、ほかの世代に比べて見方が厳しく、こうしたことが内閣支持率の低下に影響しているとみられるとのことです。

国内の原子力発電所の再稼働を巡っては、政府の方針に賛成が35%、反対が52%、15年10月に予定どおり消費税率を10%に引き上げることに関しては反対が59%、賛成が36%となったそうです。

近い時期に改造内閣が発足するのではとの憶測も聞かれますが、その内閣の経済政策に一定の評価が得られ、支持率が上昇するかどうか?期待してみたいと思います。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved