スタッフブログ

匿名加工情報

個人情報を扱うルールを抜本的に見直した改正個人情報保護法が30日、全面施行されます。氏名や、住所、生年月日などほか、顔画像や、運転免許証番号なども個人を特定できる情報として同意なく第三者に提供できないよう保護を徹底する一方で、特定できないよう加工すれば流通させられるようになり、個人に関する幅広いデータを本人の同意なく活用できる「匿名加工情報」の制度が導入されるそうです。

「匿名加工情報」の考え方は、個人情報を個人が特定できないよう削ったり数字を丸めたりするなどの加工をすれば、同意なく外部に提供できるようになるということで、例えば、氏名や顔画像、マイナンバー、旅券番号、運転免許証などを削除するか仮IDに置き換える。住所を自治体まで、生年月日を年までに丸める。年齢は「110歳」を「90歳以上」のするなど、より広い範囲にくくり直したりして加工し提供することが出来そうです。

しかし、それ単体では個人を識別できなくても、それ以外の情報と結びついて識別されるリスクにも配慮が必要とのことです。

何れにしても、当面は手探りでの対応となりそうですね。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved