スタッフブログ

厳冬!?

まだまだ日中は暑い日が続き、冬はまだまだ先の話のようですが9月もあとわずかとなり、朝晩の肌寒い風はわずかに秋の訪れを感じる事ができるようになりました。

気象庁は25日、冬(12~2月)の予報を発表しました。

 北・東・西日本では、冬型の気圧配置が平年より強い傾向で、寒気の影響を受けやすく、平均気温は平年並みか低い見込みです。また、日本海側では平年より曇りや雪(雨)の日が多く、冬の降雪量は、平年並みか多いと予想される。

 一方太平洋側は平年より晴れの日が多く、沖縄・奄美では、冬の平均気温はほぼ平年並みで、平年と同様に曇りや雨の日が多い見込み。

 北・東日本では昨シーズンまで2年連続、西日本では3年連続の寒冬となり、北日本の日本海側では所々で記録的な積雪となっていた。昨年は青森県の酸ケ湯で積雪の深さが566センチとなるなど、北日本の日本海側を中心にアメダス12地点で年最深積雪の大きい方からの1位の値を更新し、記録的な積雪となったが、今シーズンも寒冬で日本海側の多雪傾向が続く可能性があるようです。

この夏は猛暑に集中豪雨や台風・竜巻に悩まされ、この冬は雪悩まされそうです。

日本海側や山間部の雪の多い地方にお住まいの方は充分にお気を付け下さい。

9月もあと5日となりました。手形割引やでんさい割引のお問い合わせお待ちしております。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved