スタッフブログ

市販薬で「自己治療」

厚労省によりますと、医療機関に頼らずに市販薬で軽い症状を自ら治す「自己治療」を後押しする税制が議論されているそうです。

「自己治療」の為の市販薬を年間1万円以上買う世帯の税負担を軽くする制度が、2016年度の税制改正要望に盛り込まれるとのことです。

市販薬を年間1万円以上買った世帯は、購入費用から1万円を引いた額を課税所得から差し引くことができる。例えば年間3万円の市販薬を買えば所得から2万円を差し引ける計算になり、所得控除は最大で10万円まで受けられるそうです。

この税制は、軽い症状を医療機関に頼らず自ら治す「自己治療」を後押しすることで、医療機関への頻繁な受診を減らし医療費を抑制するねらいもあるとのことです。「自己治療」の相談窓口となる薬局の体制づくりにも優遇税制を盛り込むそうです。

従来、医療費控除と呼ばれる似た仕組みがありましたが、これは購入費が10万円を超えないと税優遇を受けられませんでしたので、診療代や薬局の薬代の領収書集めが大変でした。

この新税制に期待したいと思います。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved