スタッフブログ

平均寿命と健康寿命

各年齢の人が平均してあと何年生きられるかの期待値を「平均余命」といい、その年に生まれた0歳児の平均余命を「平均寿命」というそうです。

2014年の日本人の平均寿命は女性86.83歳、男性80.50歳で、ともに過去最高を更新したことが30日、厚生労働省の調査で分かったそうです。女性は3年連続世界一、男性は前年の4位から3位になり、世界有数の長寿国であることを改めて示したとのことです。

また、厚労省は平均寿命とは別に、健康上の問題で日常生活が制限されない、つまり日常的な介護を必要とせず、自立した生活を続けられる「健康寿命」も算出しているそうで、13年は女性が74.21歳、男性が71.19歳だったとのことです。

これによりますと、「平均寿命」と「健康寿命」の間にはまだ10歳前後の差があるようですね。

その差を無くすためには、生活習慣病対策や病気の早期発見・治療などの拡充が求められるとのことです。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved