スタッフブログ

景気回復続く?

経済活動が停滞してこれ以上、下がらない水準が景気の「谷」、経済活動が活発になりこれ以上、上がらない水準が「山」だそうです。谷から山までの上り調子の期間を景気の「拡張期」、山から谷までの下り調子の期間を「後退期」と呼び、拡張期には景気は回復していると判断するそうです。

1980年代以降の景気拡張期の平均は43カ月(3年と7カ月)だそうです。アベノミクス効果などによる直近の拡張期が始まってから今年2014年春の時点で1年余り、従って何か特別に悪い要因がない限り2年後、再来年2016年春までは拡張期が続いてもおかしくないとの景気予測もあるようです。

ただこれは景気の方向が良い方向に向かっているということであって、景気の水準、つまりすべての人が景気回復を実感できるかどうか?は別問題のようです。

ひとりでも多くの人が一斉に豊になれるような景気回復への対策を期待したいですね。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved