スタッフブログ

検査マニュアル刷新

金融庁は金融機関への検査・監督を抜本的に見直し、不良債権の扱いや管理体制の不備を細かくチェックする従来の手法を転換して、金融機関に創意工夫を促し、人口減少や低金利環境下でも持続的に収益をあげられるモデルづくりを後押しするそうです。検査のための手引書も形式的な問題を指摘するためのものから、本質的な解決策を探るための道具に衣替えするとのことです。

現在、金融機関が直面している具体的な事例などを交え、細かいルールではなく基本的な考え方や趣旨を重視した内容にし、金融機関の創意工夫を促し、マニュアルに沿ったチェックリストの確認が検査の焦点になってきた従来のやり方を根本的に変えるそうで、マニュアルによる検査は検査官による形式的で細かい指摘を助長したとの指摘があるとのことです。

このため検査・監督も最低限のルールを守っているかどうかをチェックするためのものから、どうすれば新たなリスクに対応できるか一緒に考えることに軸足を移し、その一環として、金融機関への検査の手引書である金融検査マニュアルを刷新するそうです。

これは、我々貸金業にも波及しそうですね、検査マニュアルの刷新には大賛成です。おおいに期待しましょう。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved