スタッフブログ

自動車燃費表示

自動車の燃費表示基準について、国土交通省と経済産業省は走行状況別の燃費のカタログへの記載を自動車メーカーに義務づける方針を固めたそうです、2018年10月以降に製造される新型車から義務化するとのことです。

現在日本が採用している「JC08モード」は平たんな道で渋滞がなく、エアコンも使わない状況を想定して測ものですが、新たな燃費表示基準は「WLTCモード」で、新基準では走行状況をきめ細かく想定して測定し、現在に比べると実態に近い燃費が出るということです。

信号や渋滞による低速走行を想定した「市街地」、信号や渋滞の影響が比較的少ない「郊外」、高速道路を走る「高速道路」の3つのモードの燃費をそれぞれ表示し、加えて各場面全体の平均値も示すそうです。これによって、より実際に近い燃費が消費者に伝わるようにするとのことです。

新基準は国連の作業部会が14年に取りまとめたもので、両省は国際共通性のある新基準の導入は不正防止にもつながるとみているそうです。

この新基準に期待しましょう。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved