スタッフブログ

規制の緩和

(全国紙より)

「自動運転」や「小型無人機(ドローン)」といった先端技術は次世代の経済のけん引役として注目されています、「人工知能(AI)などを使った技術」は、生活の利便性を大きく高める潜在力を持っています。 開発した技術を実用化するには、まず実証実験を重ねていく必要があり、すでに地域限定で規制を緩和した国家戦略特区での実証実験は始まっているそうです。

一方で、自家用車で客を送迎する「ライドシェア」、個人住宅の空き部屋などに旅行者を宿泊させる「民泊」などについてはルール整備が遅れているうえ、自治体が過度な規制をかける懸念も残っているとのことです。

日本経済の実力である潜在成長率は1%未満に沈んでいるとのこと、これを引き上げるには規制改革を通じて生産性を高める必要があるそうです。

政権にとって規制改革の優先順位が低下しているとしたら日本経済にとって大きな問題です。かつて安倍晋三首相は「規制改革は成長戦略の1丁目1番地」と発言しました。時代に合わなくなった規制を改廃して民間の企業や個人に自由を与え、技術革新や新サービスを後押しして、日本経済を活性化するための規制改革を政府に期待したいと思います。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved