スタッフブログ

賃上げ赤字?

中小企業庁の調べによると、大企業(資本金10億円以上)の経常利益の総額はリーマン・ショック後の5年間で2.1倍に伸びた一方で、中小企業(同1千万円以上1億円未満)は、1.6倍にとどまっているそうです。年ごとに収益格差は広がっているこの状況下で、春季労使交渉での大企業並みの「賃上げ」と政府の働き方改革で議論されている「残業規制」が、中小企業にとっては大きな2つの逆風になっている様子ですね。

人を取れなければ売り上げは伸びない、手確保のために身を削る賃上げに踏み切るかどうか、胸を痛める。 さらに今年は残業規制にも対応しなければならない、大手の都合で仕事が振り回されがちな中小企業にとっては同規制も大きな壁になるとのことです。

中小企業は企業数では日本全体の99.7%を、従業員数では70.1%を占めます、日本の経済を支える存在ですが、「賃上げ赤字」にもつながりかねない2つの逆風は、中小企業の体力をかつてない勢いで奪い取ろうとしているそうです。

これは難しい問題ですね、どうしたもんでしょうか?

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved