スタッフブログ

Jコイン

個人がインターネットやお店などでの支払いに使える新しい仮想通貨の創設へ向けて、みずほフィナンシャルグループやゆうちょ銀行、数十の地銀が手を組み、円と等価交換できる仮想通貨「Jコイン(仮称)」を扱う新しい会社を設立し、銀行の預金口座とつなぎ、仲間同士や企業との間で決済のお金を自由にやり取りできるシステムを構築するそうです。

構想では利用者がスマートフォン(スマホ)の専用アプリケーションを通じて自分の銀行口座から円を引き出しJコインに換えて、コンビニや外食チェーンなどではそのコインを支払いに使えるそうで、個人間の送金は手数料ゼロとのことです。

急速に広がるビットコインのような仮想通貨はその時々の需給で価値が上下するが、Jコインは常に円の価値と同じなので値段が乱高下しない、そして特徴の一つがネット上で個人や自営業者、企業などあらゆる主体の間でお金を常時やり取りできることだそうです。

みずほは今月、ゆうちょ銀のほか横浜銀行、静岡銀行、福岡銀行をはじめとする地銀70行、IT企業が参加する準備会合を開いたそうです。金融庁も一定の理解を示しており、近く詰めの協議に入るとのこと。三菱UFJフィナンシャル・グループは「MUFGコイン」を試行中。みずほも独自の道を探ってきたが、他行も参加できるプラットフォームに転換して、三菱UFJにも合流を打診し、両行で可能性を探っているそうでうす。

新たな仮想通貨Jコインは、プリペイド式の電子マネーの良さを取り込みつつ高い信頼性と流通性を備えたもので、2020年までに始める構想とのことでした。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved