スタッフブログ

WALKCAR(ウォーカー)

実は、WALKCAR(ウォーカー)という日本で生まれた「携帯できるクルマ」があります、そのサイズは13インチノートパソコンと同等、重量は軽量なカーボンボディを採用したことでわずか2.8kgで、カバンに入れて携帯できる電気自動車だそうです。

移動速度は最高時速16km/hで、フル充電状態で1時間の継続走行が可能、乗員の重量は120kgとかなり余裕のある設計とのこと。操作は、体重計に乗るように両足でWALKCAR(ウォーカー)に乗り、ハンドルやコントローラーを使わず、重心移動のみで制御し、ボディから降りれば自動的に停止するようになっているそうです。

公道走行可能かどうか、その際に運転免許が必要なのかなど、まだメーカーとしての公式発表はない状態です、セグウェイ同様に公道を自由に走ることはできない乗り物なのか、老人向けの移動補助器具のように低速での歩道走行を認められるのか、発表もありませんが、昨年10月に予約を開始して、今年9月から販売予定でした。

私も昨年10月18日にネットで予約して一年後の販売を楽しみにしていました。

しかし、8月21日にメールで、『2017年9月より順次出荷開始を予定しておりました「WALKCAR」につきまして、機能向上を目的とした設計変更に伴い、出荷を延期させて頂くこととなりました。出荷時期に関しましては、確定次第個別メールで別途ご案内させて頂きます。』との案内がありました。

これもセグウェイ同様に規制緩和の凍結かも知れませんね、ゆっくり待つことにします。

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved