スタッフブログ

景況感(7月~9月期)

財務省と内閣府が発表した7月~9月期の法人景気予測調査によると、景況判断指数は株高や円安に加え個人消費が堅調で企業収益が拡大している事を要因に、大企業・中堅企業・中小企業ともに大きく改善したようです。

また、中国財務局が発表した中国地方の景況感でも円安や公共工事の増加で景気の回復感が鮮明になっているようです。

今までの中央・大企業中心の景気回復から地方・中小企業へと広がりを見せているようです。

しかし、資材や人件費の高騰、来年4月に引き上げ予定の消費税と増える仕事に伴って出費も考えないといけないのが中小企業や個人事業主の経営者の方の悩みのひとつではないでしょうか?

弊社はそんな経営者の方の力になれればと考えております。

手形割引やでんさい割引・売掛債権担保融資など事業資金のことなら何でも三及までお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-398-393

 

 

56年ぶりの聖火

1964年東京オリンピックの開催時は中学生でした。思い出としては5歳年上の先輩が市民聖火ランナーとして広島市内の一区間を走った事が一番印象に残っています。そして歌手の三波春男さんが歌った東京五輪音頭の歌詞、「4年たったら又会いましょうと~♪」のフレーズ。競技ではマラソンの君原健二選手が首を左右に振る独特の走り方でゴール(8位)したシーン。後年、市川昆監督による記録映画「東京オリンピック」を友人と観に行って先生に補導された事などでしょうか(笑)。(当時は校則で保護者同伴でないと映画観賞不可。)

 さて、7年後に見る聖火はどんな印象を与えてくれるか、今から楽しみです。また1964東京五輪では日本は過去最多の16個の金メダルを獲得しましたが、2020東京五輪ではどうなるでしょうか?

東京オリンピック

皆さんすでにご存じだとは思いますが、2020年のオリンピックの開催地が東京に決定しました。

1964年以来56年ぶりの東京でのオリンピック開催に早くも日本中がオリンピックフィーバーに沸いております。

発達した交通インフラなど「安全、安心で確実な五輪」が評価されたようです。

また、その経済効果は3兆円ともいわれており、景気回復の大きな追い風になるのは間違いなさそうです。

東日本大震災の復興がまず第一ではありますが、日本が元気になるような大会になる事を期待し、今から開催が待ち遠しですね。

 

今週の予定(9/9~9/15)

今週の予定(全国紙等より独断と興味本位で抜粋しました。)

 

9/9(月) ・自民党税制調査小委員会

         消費増税をめぐり議論

       ・4~6月期のGDP改定値(内閣府)

 

9/10(火) ・米アップルが発表会

          スマートフォン「iphone」の新モデル発見込み

        ・司法試験の合格発表

        ・プロ野球 リーグ戦

          カープ VS ヤクルト (神宮)

        ・サッカー キリン・チャレンジカップ

          日本 VS ガーナ (日産スタジアム)

 

9/11(水) ・尖閣諸島の国有化から1年

        ・東日本大震災から2年半

        ・プロ野球 リーグ戦

          カープ VS ヤクルト (神宮)

 

9/12(木) ・プロ野球 リーグ戦

          カープ VS ヤクルト (神宮)

 

9/13(金) ・9月の月例経済報告(内閣府)

 

9/14(土) ・プロ野球 リーグ戦

          カープ VS 巨人 (マツダ)

        ・サッカー J1

          サンフレチェ VS 川崎 (等々力)

      

9/15(日) ・プロ野球 リーグ戦

          カープ VS 巨人 (マツダ)

 

カープもサンフレッチェも正念場です。特にカープはシーズの終盤で選手の疲れも相当なものと判断しますが、ここは昨シーズンの二の舞にならぬよう奮闘してほしいものです。

サンフレッチェは気持ちを切り替えて一丸となって首位奪取です。

ガンバレ、ガンバレ!! カープ!!

フレー、フレー!! サンフレッチェ!!

 

 

 

 

    

バリアアリー

山口市のあるデイサービスセンターには、廊下に手すりは無く階段も多く、利用者は家具などにつかまりながら歩き、昼食時には足の不自由な人ですら歩いて自分の食事を運ぶそうです。

その介護施設の理事長さんはこれを「バリアアリー」と呼ぶんだそうです。(笑)

この施設に通ううちに要介護が軽くなる人が多いとのことで、ここのノウハウをまねる施設が全国に広がっているそうです。

以前知人のケアマネージャーから、自宅に階段がある利用者さんは足腰がしっかりしていると聞いたことがあります。動けるうちはしっかり動いた方が良いということでしょうか?

上げ膳据え膳の過保護が生活力を奪うことになるのではと前述の理事長さんの経験談もありました。老後の生活力を維持する為に「バリアアリー」の生活を始めましょうか。

<< 1 2 3 4 >>
4ページ中3ページ目

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved