スタッフブログ

中国地方の景況感

中国財務局が10日に中国地方の法人企業景気予測調査を発表しました。

10月から12月期の景気判断指数はプラス0.8と前期に比べ3.3ポイント上昇し、2期連続で改善しました。

好調な自動車関連がけん引し、多くの業種で改善が見られました。

また、大企業・中小企業ともに改善が見られ、県別でも鳥取が横ばいで広島・岡山・山口・島根の4県で改善しました。

改善は見られるものの、急激な円安からくる原材料のコスト増や消費の冷え込みから当初の見込みからは下方修正となり、来年以降の見通しも厳しいものとなっております。

景気回復も今回の選挙の争点になっているようですが、この結果をどうみるかによっても評価は変わってきそうですね。

フェアプレー賞

サンフレッチェ広島は、昨日開催された「Jリーグ・アウォーズ」で、チームとしてフェアプレー賞(高円宮杯)を獲得したそうです。3年連続で4度目のこの賞の獲得ですから、「フェアプレー」はサンフレッチェの代名詞といえると地元紙は報じていました。

さらに、フェアプレー個人賞をサンフレの水本選手が獲得したそうです、全34試合出場して、警告0だそうですからこれも立派ですね。そして、「今後も子供たちの見本になるようなプレーをしたい。」と語ったとのことです。

元プロ サッカー選手の宮本恒靖(元日本代表)さんが以前新聞に掲載していた記事の中で、国際Aマッチなどで相手チームの選手に悪質なファールをされた時、仕返しをするのではなく「Don't do that !(そんなことするな)」と言い続けて相手行動を制止したと書いていましたが、まさにこれがフェア―プレーの精神ではないでしょうかね?

そうそう、毎年同じようなオファーを繰り返している、J1のあのチームにも言ってやりたいですね「Don't do that !(そんなことするな)」と!!

最後に、プロ4年目でベストイレブンを初受賞したサンフレの塩谷選手にもおめでとうと言いたいと思います。本当によかったですね。

今週の気になる予定(12/8~12/14)

今週の気になる主な予定などを全国誌等より興味本位で抜粋しました。

 

12月8日(月)

・7月~9月の国内総生産(GDP)改定値(内閣府)

・11月の景気ウォッチャー調査(内閣府)

・国際オリンピック委員会臨時総会(モナコ、~9日)

2020年東京五輪で野球、ソフトボール復活か?

 

12月9日(火)  特になし

 

12月10日(水)

・特定秘密保護法施行

・ノーベル賞授賞式(ストックホルム、平和賞はオスロ)

・10月~12月期の法人企業景気予測調査(内閣府、財務省)

・サッカー

クラブワールドカップ(~20日 モロッコ)

 

12月11日(木)

・11月の投資信託概況(投資信託協会)

・10月の機械受注(内閣府)

 

12月12日(金)

・「今月の漢字」を発表(京都・清水寺)

 

12月13日(土)

・サッカー 天皇杯全日本選手権決勝

G大阪 VS 山形 (日産スタジアム)

 

12月14日(日)

・衆院選投開票

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広島県は39です。

早朝のTV気象予報ニュースで、女性アナウンサーが「広島県は39ですから・・・・・」と聞こえたので、「何が?」とTV画面を見ると、彼女曰く、某化粧品メーカーのスキンチェックによる県別の美肌ランキングでは今年度も、広島は全国47県中の39位とのことでした。

広島県は突風型の「肌荒風」の影響で乾燥しがちな地域なので、寒い突風による肌荒れには気をつけましょうと注意を喚起していました。

昨年島根県がトップですとこのブログでも紹介しましたが、島根県は3年連続でのグランプリだそうです。年間を通じて日照時間が短く、水蒸気密度が高い傾向があり、また、今回新たにわかったこととして、肌の潤いを奪う"肌荒風"の 影響も左右するそうで、島根県はその影響を受けにくい地域みたいだそうですね。それにしても、3年連続はすごいですね。

地元の人は、その理由として①湿度が高い②温泉③きれいな水にシジミと答えたそうです。

ちなみに、岡山10位、鳥取20位、山口32位とのことでした。

ボーナス

広島県内企業の1人当たりのボーナス支給額は前年度に5.2%増の477,400円となる見通しのようです。

増加は2年連続で、業績が上向いている企業が従業員にボーナスで報いる動きが広まっており、年末年始の消費にも影響を与えそうという事です。

全国的にも大手企業中心に業績の回復が見られボーナスは増加傾向にあるようです。

しかし、前年より増額の企業は23.6%で6.8ポイント上昇したものの、同額・減額が70%以上を占め、景気回復が全体に広がっているというわけではないようです。

消費回復へ向かうかどうか気になるところですね。

<< 1 2 3 4 >>
4ページ中3ページ目

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved