スタッフブログ

中国5県11月の街角景気

全国紙より

内閣府が8日発表した11月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、中国5県の現状判断指数は前月よりやや悪化したそうです。悪化は5カ月ぶり。鳥取県中部地震による観光業への影響や、米大統領選でのトランプ氏当選を受けた為替の急激な変動など、世界経済の先行きを懸念する声も目立つとのこと。

家計動向関連では「秋の行楽シーズンに発生した鳥取県中部地震により団体客のキャンセルや個人客の出控えなどの影響が出ている」(テーマパーク)など、地震による影響を挙げる企業が目立ったそうで、天候不順などによる「野菜相場の高騰で、客離れが起きている」(スーパー)との声も聞かれたとのこと。

先行き判断指数は、前月からいくらか改善し、クリスマスや忘年会などで個人消費は堅調に推移するとみているそうです。トランプ次期大統領に関し、企業からは「円安が輸出関連企業の業績回復につながる」(通信業)との声が聞かれる一方「世界経済を取り巻く環境には不安材料があり、日本経済への影響も読めない」(金融業)と、懸念する声も根強いとのことでした。

カジノ法案賛否?

カジノを中心とした統合型リゾート(IR)を推進する法案(カジノ法案)が6日午後の衆院本会議で可決しました。参院での審議を経て早ければ9日にも成立する見通しとなっています。

衆院本会議でのカジノを中心とした統合型リゾート(IR)推進法案可決を受けて、地方経済のてこ入れにつながるとの期待も高まっているようで、県内へのIR誘致が実現すれば「全県的な観光業にプラスの効果がある」と期待を示す県もあるとのことです。

一方で、治安の悪化や青少年の健全育成への影響、ギャンブル依存症の増加懸念など負の側面も指摘されており、ギャンブル依存症の元患者らは「依存症の十分な対策が取られていない」と話しているそうです。

厚生労働省研究班の2013年の調査によると、国内でギャンブル依存症の疑いがある人は推計500万人強に上り、既にカジノが合法化されている韓国やシンガポールなどでも、依存症の対策が課題となっているとのことです。

2020の東京オリンピック後の開業に間に合わせるため急ピッチで進められたこの法案は、今後具体的な法整備が行われるのでしょうが、どのような形態で施行されるのか皆目見当がつきません。ただ、先行する海外のカジノビジネスを見るとすべてがバラ色というわけにはいかない様子で、世界大手も試行錯誤を続けているそうです。いづれにしても、前途多難である事は間違いないようですね。

今週の気になる予定(12/5~12/11)

今週の気になる予定などを全国紙等より興味本位で抜粋しました。

 

12月5日(月)

・11月の消費動向調査(内閣府)

・宮島口の新しい桟橋の運用開始(廿日市市)

 

12月6日(火)

・特になし

 

12月7日(水)

・党首討論

安倍首相と民進党の蓮舫代表らが論戦

 

12月8日(木)

・11月の景気ウオッチャー調査(内閣府)

・サッカークラブW杯1回戦

鹿島 vs オークランド・シティー(ニュージーランド)(日産)

 

12月9日(金)

・日本カー・オブ・ザ・イヤ-発表

・国際宇宙ステーションへ無人補給機「こうのとり」6号機打上げ

(鹿児島県・種子島宇宙センター)

 

12月10日(土)

・ノーベル賞授賞式(ストックホルム、オスロ)

 

12月11日(日)

・「第4回とびしマーレ ~柑橘の海~ in下蒲刈」 開催

呉市とびしま海道 下蒲刈大津泊庭園(10:00~15:00)

マスク着用の季節です

師走となり、いよいよ空気が冷たくなってきましたが、これからの季節気をつけたいのが風邪やインフルエンザですね。風邪(かぜ)は、正式には「風邪(かぜ)症候群」といって、上気道(鼻やのど)の急性炎症の総称、ウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすため、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱といった症状が起こるそうで、また、インフルエンザは、インフルエンザウイルスが鼻やのどの上気道などの粘膜に感染して起こる病気で、高熱や頭痛、筋肉痛や関節痛などの全身症状を起こすそうです。

対策の基本は「うがいと手洗い」で、帰宅したとき、手やのどについたウイルスを洗い流すことが大切なことです。しかし、それに加え、予防の上では睡眠中のケアが非常に大切なことだそうです。もっとも有効な対策は"保湿"で、「湿度が低く、空気が乾燥していると、風邪のウイルスも乾いて軽くなり、空中に浮遊して、鼻や口に入りやすくなります。また、湿度を50%以上に保つとウイルスの95%は活動できなくなります。」と専門家は説明しているとのこと。

マスクを着けて寝ると、呼気に含まれる水分によって、口腔内の湿度を高く保つことができるので、特に保湿しやすいガーゼのマスクがお勧めだそうです。

マスク着用で睡眠を今夜から、さっそく試してみましょうか?でも、息苦しさを感じる人も結構多いでしょうね。

ひろしまドリミネーション2016

今年は、2016年11月17日(木)~2017年1月3日(火)(48日間)の期間で、恒例の「ひろしまドリミネーション」が開催されています。

今回は、「おとぎの国」をコンセプトに約140万球の光で平和大通りや市内中心部を彩り、冬の広島に幻想的な光を降り注いでいます。平和大通りの緑地帯には、世界遺産登録20周年を迎える「原爆ドーム」と「厳島神社」が登場しています。

平和大通り沿いに位置する、「手形割引」「でんさい割引」の(株)三及は、このイベントに協賛しています。

<< 1 2 3 >>
3ページ中3ページ目

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved