スタッフブログ

利益相反

利益相反行為とは、ある行為により、一方の利益になると同時に 、他方への不利益になる行為のことです。いま浮上している利益相反問題は、安倍晋三首相が南部フロリダ州のトランプ氏の経営するリゾート施設に滞在する際の費用の支払いを巡ってのこと。米国民の税金で賄えば、トランプ氏の懐に入ることになる、一方で、万が一日本側が一部負担すれば、「公職者は外国政府から報酬を受け取ってはならない」という憲法に反するおそれがあるからです。

これに関して9日の記者会見でスパイサー米大統領報道官は、安倍晋三首相が南部フロリダ州のトランプ大統領の別荘に滞在する際の費用について「大統領の贈り物だ」と述べ、トランプ氏が自己負担すると表明したそうです。日本側は「ホワイトハウスの発表のとおりで、米の方針に従う」と、招待を受ける考えを示したとのこと。

米国側が税金で負担した場合、一部がトランプ氏の収入になって、利益相反となる可能性があり、また、米国憲法には「公職者は外国政府から報酬を受け取ってはならない」との規定もあるため、日本側が支払うのも難しかったそうです。

この先、この種の問題は多方面で発生する可能性がありますね、それにしても早くも借りをつくってしまう結果になるとは、何かでお返しをした方が良いのでは?と危惧します。

大雪予報

今日は、低気圧が本州付近を通過したあと、西日本に強い寒気が流れ込み、九州から近畿にかけては日本海側を中心に雪が降り、今夜から降り方が強まるそうです。今期最大の寒波で、平地も含め、積雪や凍結に注意が必要とのことです。週末にかけて、日本海側は西日本を中心に大雪となるおそれがあるそうです。また、所によっては強風にも注意が必要との事です。

みなさん、雪予報に細心の注意を払って下さい。帰宅困難者にならぬよう気をつけて下さい。

雪まつり

北海道の冬を彩る「さっぽろ雪まつり」が6日、メイン会場の大通公園(札幌市中央区)で開幕したそうです。68回目の今年は市内の3会場に大小200基の雪像や氷像が並び、12日までの期間中、国内外から200万人を超える観客を見込むとのことです

市民雪像のコーナーには、トランプ米大統領や世界的にブレークした歌手のピコ太郎さんの像も登場したそうですが、5年前に訪れた時には、女子サッカーの「澤穂希さん」や、「初音ミク」の雪像の周りに人だかりができていました。会場内の移動には、足を取られないよう擦り足で歩くよう細心の注意を払ったことを覚えています。すすきの会場では、電気のこぎりでの氷像の製作現場などが印象的でした。

氷や雪の像をライトアップすると雪像や氷像が赤や緑の光に彩られ、夜の街に幻想的な光景が浮かんできます、あの光景を、機会があればもう一度見に行ってみたいと思っています。

今週の気になる予定(2/6~2/12)

今週の気になる予定などを全国紙等より興味本位で抜粋しました。

 

2月6日(月)

・さっぽろ雪まつり(〜12日、札幌市)

 

2月7日(火)

・北方領土の日 北方領土返還要求全国大会

 

2月8日(水)

・1月の景気ウオッチャー調査(内閣府)

 

2月9日(木)

・特になし

 

2月10日(金)

・日米首脳会談(ワシントン・ホワイトハウス)

・「三原(だるま市)神明市」(三原市、~12日)

 

2月11日(土、祝日)(建国記念の日)

・「リノベーションまちづくり」(福山市、福山駅前シネマモード)

 

2月12日(日)

・グラミー賞発表(ロサンゼルス)

・「まつえ食まつり」(松江市、カラコロ工房周辺)

節分

本来、節分というのは立春・立夏・立秋・立冬の前の日のことを指し、旧暦では立春の頃が一年の始めとされ、最も重要視されていましたので、節分といえば、一般的に立春の前の日を示すようになったそうです。今年の節分は今日2月3日(立春の前の日)です。

過ごし方の風習としては地方によって違いますが一般的な家庭では、豆まきをして、まいた豆を年の数(または年の数+1)を食べる事や、恵方巻き食べること事でしょうか。しきたりではありませんが、恵方巻きとともに焼いた鰯(イワシ)を食べる家庭が多いようです。また、鰯(イワシ)の頭を柊(ヒイラギ)の枝に刺し、玄関先に立てたりする家もありますよね。いづれにしても厄介払いをし、福を招き入れ、1年の無病息災を願う行事です。

折しも今日、マティス米国防長官が日本を訪問します。今夕安倍晋三首相は、来日するマティス米国防長官と会談する予定です。米国防長官が「福」か「鬼」か、どちらになるか?成行きが気がかりですね。

<< 1 2 3 4 >>
4ページ中3ページ目

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved