スタッフブログ

今週の気になる予定(4/9~4/15)

今週の気になる予定を私見で取り上げてみました。

4月9日(月)

・3月の景気ウオッチャー調査(内閣府)

・黒田東彦日銀総裁再任

4月10日(火)

・米フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が

個人情報流出で議会証言

・プロ野球

カープ vs 阪神 (甲子園)

 

4月11日(水)

・サッカーJ1

サンフレッチェ vs Fマリノス (エディオン)

・プロ野球

カープ vs 阪神 (甲子園)

 

4月12日(木)

・4月の地域経済報告(さくらリポート)(日銀)

・プロ野球

カープ vs 阪神 (甲子園)

 

4月13日(金)

・プロ野球

カープ vs 巨人 (東京ドーム)

・庄原さとやまオープンガーデン(庄原市 ~6/10)

 

4月14日(土)

・プロ野球

カープ vs 巨人 (東京ドーム)

 

4月15日(日)

・プロ野球

カープ vs 巨人 (東京ドーム)

・サッカーJ1

サンフレッチェ vs 湘南(平塚)

・競馬

皐月(さつき)賞(中山)

今週の気になる予定(4/2~4/8)

今週の気になる予定を私見で取り上げてみました。

 

4月2日(月)

・3月の日銀短観(日銀)

・衆院議員資産公開

 

4月3日(火)

・プロ野球

カープ vs ヤクルト (神宮)

 

4月4日(水)

・サッカー ルヴァンカップ

サンフレッチェ vs 浦和 (エディオン)

・プロ野球

カープ vs ヤクルト (神宮)

 

4月5日(木)

・生活意識に関するアンケート調査の結果(日銀)

・ゴルフ

マスターズ・トーナメント(~8日)

・プロ野球

カープ vs ヤクルト (神宮)

 

4月6日(金)

・アーバン(都市型)スポーツFISE(フィセ)Hiroshima2018

(旧広島市民球場跡地、~8日)

・韓国前大統領の収賄事件で判決

・プロ野球

カープ vs DeNA (神宮)

 

4月7日(土)

・プロ野球

カープ vs DeNA (神宮)

 

4月8日(日)

・プロ野球

カープ vs DeNA (神宮)

・サッカーJ1

サンフレチェ vs 柏 (柏スタジアム)

・競馬・桜花賞(阪神)

桜前線

気象庁のデータを分析すると桜の季節が年々早まっているそうで、開花時期はこの半世紀で5日ほど前倒しになっており、地球温暖化が一因とみられるとのことです。

桜前線は全国的に早まっており、満開日もほぼ同様の傾向で、同庁担当者によると「全国的に10年で1日早くなっている」とのこと。桜はつぼみが冬の低温にさらされて眠りから覚める「休眠打破」が引き金となり、春の気温上昇で一気に開花するそうで、気象学の専門家は「開花が早まっているのは地球温暖化が原因の一つ」と指摘。「さらに温暖化が進めば休眠打破が不十分になり、同じ樹でもダラダラと開花して一斉に咲かなくなる。満開の桜が楽しめなくなるかもしれない」と懸念しているとのことです。

気象庁は観測用の「標本木」の桜が5~6輪咲けば「開花」、8割以上咲けば「満開」を宣言するそうです。全国58の気象台・測候所に標本木があるが、老木になったり災害にあったりして、代替わりするケースもあるとのこと。同庁によると、代替わりでは通常、後継候補の木を3年以上観測し、最も開花と満開が標本木と近い木を選ぶそうです。

入学や就職など、新生活や年度初めの風物詩として親しまれてきた桜ですが、その歳時記に異変が起きつつあるようですね。

公示地価

今朝の全国紙の記事より。

国土交通省が公表した公示地価(1月1日時点)では全国平均の地価が3年連続で上昇し、大都市部だけでなく、今回は地方圏でも26年ぶりに下落から脱したそうです。

地価上昇の要因はまず、訪日客の増加に伴う店舗やホテルなどの需要拡大。さらに、企業の旺盛なオフィス需要も地価を押し上げているそうです。全国の商業地でビルの空室率は低下しており、土地の収益力が高まっているのだから、地価が上がるのは自然な動きだろうとのことです。

3年連続の上昇とはいえ、平成の初めごろのバブル経済期とは様相は異なり、当時は全面的に上がったが、今回は立地条件によって地価動向は多様になっているそうで、三大都市圏の住宅地をみると、上昇地点は最寄り駅から2キロ程度までにとどまり、これも土地の収益性をもとに地価水準が形成されている表れだそうです。

結局、地価上昇の根底にあるのは長期化する低金利に伴う投資資金の流入で、都心部をみるとオフィス賃料の上昇は鈍いのに地価は上がり続けており、値上がりへの期待感から地価は振れやすいとのこと、観光など実需に裏打ちされた上昇だが、長期化する低金利の副作用には注意が必要だそうです。

エコノミストの経済予測では、日銀の金融政策は19年末まで現行の枠組みは変わらない見通しで、実需と緩和マネーは当面、地価を支える役目を果たしそうとのことでした。

今週の気になる予定(3/26~4/1)

今週の気になる予定を私見で取り上げてみました。

 

3月26日(月)

・日本相撲協会 新理事就任と理事長互選(両国国技館)

 

3月27日(火)

・参院予算委員会で佐川宣寿元国税庁長官の証人喚問

・サッカー国際親善試合

日本 vs ウクライナ(ベルギー・リエージュ)

・18年の地価公示(国交省)

 

3月28日(水)

・18年度予算案が成立見通し

 

3月29日(木)

・複合施設「東京ミッドタウン日比谷」が開業

 

3月30日(金)

・プロ野球開幕

カープ vs 中日 (マツダ)

・グッドフライデー(聖金曜日の祝日)

欧州アジアなどの主要市場が休場

 

3月31日(土)

・プロ野球

カープ vs 中日 (マツダ)

・サッカー ルヴァン杯

サンフレッチェ vs 川崎 (等々力)

 

4月1日(日)

・エイプリールフール

・プロ野球

カープ vs 中日 (マツダ)

・三菱東京UFJ銀行、「三菱UFJ銀行」に行名変更

・「加計学園」の岡山理科大獣医学部開学(愛媛・今治市)

 

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
208ページ中2ページ目

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved