スタッフブログ

AI指南

スマートフォン(スマホ)を通じて不動産売買を仲介する企業がマンションの購入と賃貸のどちらが得かを人工知能(AI)が分析する無料サービスを始めるそうです。AIが35年先までの物件価格を予測し、住宅ローン金利やマンションの管理費・税金などを考慮し、総費用や売却価格などを算出するとの事。

過去から現在までの物件の売買履歴データを独自のAIのアルゴリズムで解析し経年で値下がりを推定するそうです。来年の1月からこのサービスを稼働させるとのことですが、面白そうですね。物件に購入向き、賃貸向きなどと表示されるのでしょうかね?要は、商談時に顧客が納得することが大切なのでしょうが、しかしその判断が客観的に正解かどうか疑問が残るところです。

今週の気になる予定(12/4~12/10)

今週の気になる予定を私見で取り上げてみました。

 

12月4日(月) 特になし

 

12月5日(火)

・みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会が集団参拝

・所有者不明地問題で国土審議会土地政策分科会特別部会

 

12月6日(水)

・NHK受信契約拒否者めぐる受信料支払い訴訟上告審判決(最高裁大法廷)

・マツダ社員寮強盗殺人事件判決(広島地裁)

・サッカークラブW杯(UAE ~16日)

 

12月7日(木)

・シャープ、東証1部復帰

 

12月8日(金) 特になし

 

12月9日(土) 特になし

 

12月10日(日)

・YMCA街頭募金

BMI(ブレーン・マシン・インターフェース)

ポスト平成(近い将来)は人間の脳と機械が直結する時代になるそうです。脳とコンピューターをつなぐブレーン・マシン・インターフェース(BMI)技術の進化で、頭に浮かんだ言葉や意思を機械が読み取って伝えたり、自分の身代わりのロボットを念じて動かしたりできるようになるとのことです。

頭で念じて意思表示できる装置はすでに開発されており、意思伝達支援装置「ニューロコミュニケーター」と呼ばれています。頭に小型の脳波計をつけて、脳が選びたいものに「これだ!」と反応した直後に出る特徴的な脳波を装置が検出し、これが意思決定の際にスイッチの働きをするそうです。

既に個人の購買履歴や行動を人工知能(AI)で分析することは当たり前になっているそうで、商品などを見た際の脳がどう反応するかを調べ、製品開発に生かす「ニューロマーケティング」も実現しているとのこと。脳とコンピューターを直結するBMI技術はこの流れを決定づけることになるそうです。

眼鏡や補聴器、義足、義手。あるいは心臓ペースメーカー。人間はこれまでも機械や道具の力を借りて、病気やケガと付き合い、失われた能力を補ったりしてきましたが、BMI技術によって人体の機械化は異次元のレベルに達するとのことです。

事故や病気による障害による制約の克服は人類の長年の夢ですが、BMI技術には個々の人間の思考を「オープン化」する作用もあるので、機械と人体の融合が、コンピューターやロボットに過度に依存する社会につながるのではないかとの懸念もあるそうです。

今週の気になる予定(11/27~12/3)

今週の気になる予定を私見で取り上げてみました。

 

11月27日(月)

・核軍縮に関する「賢人会議」初会合(〜28日、広島市)

 

11月28日(火)

・鈴木スポーツ庁長官、日本相撲協会・八角理事長と会談

・「ミシュランガイド東京2018」発表

 

11月29日(水) 特になし

 

11月30日(木) 特になし

 

12月1日(金)

・「2017ユーキャン新語・流行語大賞」発表 (東京・帝国ホテル)

 

12月2日(土) 特になし

 

12月3日(日)

・Jリーグ J1昇格プレーオフ決勝

・陸上 福岡マラソン(平和台陸上競技場発着)

・広島YMCA ファミリークリスマス

和食の日

今日、11月24日は「和食の日」だそうです。

11=いい、24=日本食、の語呂合わせとのことです。

和食の日は、「和食」の大切さを再認識してもらうために制定した記念日で、また、日本の伝統的な和食文化の保護や継承の大切さについて考えることを目的として、一般社団法人の和食文化国民会議(和食会議)のよって制定されたそうです。

制定日は不明でしたが、和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたのを記念してつくられた記念日とのことです。

折しも、今日はプレミアムフライデーですね。事情が許せば、仕事を早めに切り上げて和食三昧で週末を楽しみましょうかね?

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
201ページ中4ページ目

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved