スタッフブログ

今週の気になる予定(3/19~3/25)

今週の気になる予定を私見で取り上げてみました。

 

3月19日(月)

・「森友学園」決裁文書改ざん問題 参院予算委集中審議

 

3月20日(火)

・昨年衆院選をめぐる1票の格差訴訟で15件目の判決

(広島高裁)

・プロ野球オープン戦

カープ vs  オリックス (ほっと神戸)

 

3月21日(水・祝日) 春分の日

・プロ野球オープン戦

カープ vs オリックス (マツダ)

 

3月22日(木)

・特になし

 

3月23日(金)

・アメリカ、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限発動

・サッカー日本代表国際親善試合

日本 vs マリ(ベルギー・リエージュ)

・第90回選抜高校野球大会(甲子園球場、~4月4日)

・プロ野球オープン戦

カープ vs ソフトバンク (ヤフオク)

 

3月24日(土)

・プロ野球オープン戦

カープ vs ソフトバンク (ヤフオク)

 

3月25日(日)

・プロ野球オープン戦

カープ vs ソフトバンク (マツダ)

ホワイトデー

昨日仕事帰りに、義理チョコのお返しの商品を求めてデパ地下へ立ち寄ってみました。お目当ての物は友人からのアドバイスで決めていましたから後は売り場を探すだけ。たどり着いた売り場は先客が1組、若いカップルでした。商品を物色しながら、そのカップルが何を買うのか参考にしようと聞き耳を立てていると、男性が女性へのお返しの為に買っている様子で、何が欲しいのかと尋ねていました。その都度店員さんに商品の説明を求めていました、お陰で陳列してある商品の内容が良くわかりました。結局そのカップルは女性の好みの3つの商品の詰め合わせを買っていきました。なるほど親しい間柄ならこれが合理的で無駄が無いよねと納得しました。

中学生の時にクラスの友達が部活で骨折して入院。クラスでお見舞いをすることになりクラス会で話し合っても決まらず、担任の先生から本人に何が欲しいか聞いてはどうかとの助言をもらい、その友人に尋ねたら「野球のバット」と即答。よほど欲しかったんだろうなと感心しました。後日病院へバットを持参した時の友人の喜ぶ顔が今でも思い出されます。

今週の気になる予定(3/12~3/18)

今週の気になる予定を私見で取り上げてみました。

 

3月12日(月)

・1〜3月期法人企業景気予測調査(財務省)

 

3月13日(火)

・プロ野球オープン戦

カープ vs 日ハム (マツダ)

 

3月14日(水)

・ホワイトデー

・プロ野球オープン戦

カープ vs 日ハム (マツダ)

・サッカー YBCルヴァンカップ

サンフレッチェ vs 名古屋(エディオン)

 

3月15日(木)

・民泊届け出スタート

 

3月16日(金)

・第90回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会

・プロ野球オープン戦

カープ vs ヤクルト (神宮)

 

3月17日(土)

・柔道グランドスラム・エカテリンブルク

(ロシア・エカテリンブルク、18日まで)

・プロ野球オープン戦

カープ vs 楽天 (静岡)

・JR各社、ダイヤ改正

 

3月18日(日)

・ロシア大統領選

・プロ野球オープン戦

カープ vs 楽天 (静岡)

・サッカー J1

サンフレッチェ vs ジュピロ (エディオン)

ウォーキングサッカー

今朝の全国紙のスポーツ欄より

「おそらく日本で初めて」という触れ込みのサッカー大会に過日、参加した。題して「ペンギンズ・カップ」。サッカー最大の禁忌は手を使うこととされるが、この大会は「走るのもダメ」。ゆえに動きがペンギンに似るので、こういうタイトルになったらしい。との掲載記事がありました。

走らないサッカー『ウォーキングサッカー』の発祥地は、サッカーの発祥地でもあるイングランドで、イングランド各地域のアマチュアサッカークラブで盛んに活動されているそうです。最大の魅力はユニバーサルな特性で、歩くという緩やかな動きのウォーキングサッカーは誰でもが参加しやすく、老若男女、 年齢や性別を問わずサッカーの未経験、初心者、経験者のスキル差も気にせず安心して気軽に試合に参加が可能。速度を落とすことで、サッカーが、それまで予想だにしなかった人と人との出会いを生む。そこから新しいコミュニティーが生まれる可能性があるとのことです。また、ウオーキングサッカーでは自分のペースで呼吸をしながら脂肪燃焼に必要な酸素を十分に確保出来る有酸素運動でありながら、通常のウォーキングに比べ3倍以上の消費活動量があるそうです。

昨年3月まで中学生から60代までの年代で「草サッカー」を楽しんでいましたが、年齢を重ねるごとにスピードについて行けず、今はたまにボールを蹴るだけに止まっています。しかし、この歩くサッカーなら十分に楽しめそうな気がしますね。身近なところでおおいに普及するよう期待します。

チューハイ

チューハイの語源は、焼酎の「酎(チュー)」と、ハイボールの「ハイ」を組み合わせたものと言われています、しかし「チューハイ」に厳密な区分や法律上の規定があるわけではなく、焼酎やウオツカなど無色で香りのないスピリッツ(蒸留酒)をベースに、果汁などを加えて炭酸で割った飲み物のことを指しているそうです。酒税法上、独立した品目としての規定はなく、また業界団体等の統一基準もなく、チューハイと銘打たれた酒類に共通する特徴は今のところ「蒸留酒をベースとしている」「アルコール含有率が低い(おおむね10度未満)」の2点とのことです。

私にとって「チューハイ」との出会いは、石垣島の居酒屋で勧められた「泡盛+シークワァーサー+炭酸水」でした。驚くほど美味かった。絶賛しました。

その後沖縄から定期的に泡盛とシークワァーサーを取寄せこのチューハイをたしなんできました。年とともに泡盛のアルコール度数について行けなくなり、今は焼酎ハイボールに落ち着いています。コカ・コーラが日本で2018年中に缶チューハイ商品を投入する計画と聞きました。チューハイ党の私にとってどんな商品なの今から楽しみにしています。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
210ページ中6ページ目

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved