スタッフブログ

今週の気になる予定(12/11~12/17)

今週の気になる予定を私見で取り上げてみました。

 

12月11日(月)

・東アジアE1サッカー選手権女子

日本 vs 北朝鮮 (千葉フクダ電子アリーナ)

 

12月12日(火)

・漢検「今年の漢字」発表(京都・清水寺)

・東アジアE1サッカー選手権男子

日本 vs 中国 (東京・味の素スタジアム)

 

12月13日(水)

・佐川急便を傘下に置く「SGホールディングス」東証に上場

 

12月14日(木)

・2018年度与党税制改正大綱決定

 

12月15日(金)

・12月日銀短観(企業短期経済観測調査)

・東アジアE1サッカー選手権女子

日本 vs 北朝鮮 (フクダ電子アリーナ)

 

12月16日(土)

・東アジアE1サッカー選手権男子

日本 vs 韓国 (東京・味の素スタジアム)

 

12月17日(日)

・金井さん搭乗のロシア宇宙船ソユーズ打ち上げ

(カザフスタン・バイコヌール宇宙基地)

アプリで送金

現在アプリでの送金は現在同一銀行間でしかできないが、地方銀行などが来春、他行の口座にもスマートフォン(スマホ)のアプリで送金できる新サービスを始めるそうです、新たな送金システムは24時間365日対応するとのことです。

新たな送金システムは、地銀数行や3メガバンクが参加する企業連合が運営するそうで、口座番号での入力のほか、電話番号やQRコードによる送金にも対応するとのこと。送金側はアプリに登録する必要があるが、お金の受け取り側はアプリに未登録でも銀行口座を持っていればお金を受け取れるそうです。送金手数料は各行が独自に決めるとのこと、しかし通常の銀行間送金より大幅に低くなる見通し、不正送金のリスクを見極めるため、当初は上限額を少額に抑え、順次引き上げていくことを検討するそうです。

送金手数料が格安になるのは魅力的です、安全が確認できれば使用可能かも知れませんね。

AI指南

スマートフォン(スマホ)を通じて不動産売買を仲介する企業がマンションの購入と賃貸のどちらが得かを人工知能(AI)が分析する無料サービスを始めるそうです。AIが35年先までの物件価格を予測し、住宅ローン金利やマンションの管理費・税金などを考慮し、総費用や売却価格などを算出するとの事。

過去から現在までの物件の売買履歴データを独自のAIのアルゴリズムで解析し経年で値下がりを推定するそうです。来年の1月からこのサービスを稼働させるとのことですが、面白そうですね。物件に購入向き、賃貸向きなどと表示されるのでしょうかね?要は、商談時に顧客が納得することが大切なのでしょうが、しかしその判断が客観的に正解かどうか疑問が残るところです。

今週の気になる予定(12/4~12/10)

今週の気になる予定を私見で取り上げてみました。

 

12月4日(月) 特になし

 

12月5日(火)

・みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会が集団参拝

・所有者不明地問題で国土審議会土地政策分科会特別部会

 

12月6日(水)

・NHK受信契約拒否者めぐる受信料支払い訴訟上告審判決(最高裁大法廷)

・マツダ社員寮強盗殺人事件判決(広島地裁)

・サッカークラブW杯(UAE ~16日)

 

12月7日(木)

・シャープ、東証1部復帰

 

12月8日(金) 特になし

 

12月9日(土) 特になし

 

12月10日(日)

・YMCA街頭募金

BMI(ブレーン・マシン・インターフェース)

ポスト平成(近い将来)は人間の脳と機械が直結する時代になるそうです。脳とコンピューターをつなぐブレーン・マシン・インターフェース(BMI)技術の進化で、頭に浮かんだ言葉や意思を機械が読み取って伝えたり、自分の身代わりのロボットを念じて動かしたりできるようになるとのことです。

頭で念じて意思表示できる装置はすでに開発されており、意思伝達支援装置「ニューロコミュニケーター」と呼ばれています。頭に小型の脳波計をつけて、脳が選びたいものに「これだ!」と反応した直後に出る特徴的な脳波を装置が検出し、これが意思決定の際にスイッチの働きをするそうです。

既に個人の購買履歴や行動を人工知能(AI)で分析することは当たり前になっているそうで、商品などを見た際の脳がどう反応するかを調べ、製品開発に生かす「ニューロマーケティング」も実現しているとのこと。脳とコンピューターを直結するBMI技術はこの流れを決定づけることになるそうです。

眼鏡や補聴器、義足、義手。あるいは心臓ペースメーカー。人間はこれまでも機械や道具の力を借りて、病気やケガと付き合い、失われた能力を補ったりしてきましたが、BMI技術によって人体の機械化は異次元のレベルに達するとのことです。

事故や病気による障害による制約の克服は人類の長年の夢ですが、BMI技術には個々の人間の思考を「オープン化」する作用もあるので、機械と人体の融合が、コンピューターやロボットに過度に依存する社会につながるのではないかとの懸念もあるそうです。

<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >>
208ページ中10ページ目

Copyright© 株式会社 三及 All Rights Reserved